「がけっぷち男(30代・無職・うつ病)、株を買う。」~株初心者のトレード日記~

元公務員、現在無職のがけっぷち男「がけさん」の今後の生き様を描いたブログ。

【スポンサーリンク】

【うつ病等で退職した公務員必見】在職中に傷病手当金をもらっていなくても、退職後に申請すれば支給されます!

f:id:numberyama:20170504092101j:plain

平成29年6月に公務員をうつ病で退職したがけさんです。

今日は公務員傷病手当金(特に退職後)について、纏めたいと思います。

私の場合、傷病手当のことについては、一切誰も教えてくれなかったので、最初は分からないことが多すぎて途方にくれていました。制度があると知ったのも、退職後困るなと思って自分で調べてのことでした。

そこで自分で調べた事や実体験に基づいて、傷病手当金についてしっかり記録しておこうと思います。

※なお、今回はあくまで私が奉仕した自治体での事例です。地方職員共済組合の組合員でしたので、同じ共済組合員の方は以下のパターンに該当します。

※私は、療養休暇を終え、休職期間中(報酬80/100支給、傷病手当金無支給)に退職しました。

 

 

 

公務員のメンタルヘルス状況

 民間企業よりも楽だとよく言われている公務員ですが、住民ニーズの多様化や地方分権の進展によって、仕事内容は複雑かつ多様化していて、職員に求められる役割や責任がより一層高まっています。このため、職員がメンタルヘルスに不調を生じ、休職や退職に追い込まれる事案が後を絶たず、問題の深刻さは増すばかりです。

一般財団法人地方公務員安全衛生推進協会が実施する調査「地方公務員健康状況等の現況」(平成27年度)によりますと、精神及び行動の障害による長期病休者は10万人中約1300人となっており、全職員中1.3%はうつ病等で休んでいるということになります。これは10年前の平成17年度と比較すると約1.6倍の値となります。

 

傷病手当金ってそもそも何?

傷病手当金は、公務によらない病気やケガで勤務を休み、報酬が減額されたり、支給されなくなったりした場合に、所得を保障するために支給されるものです。

また、傷病手当金の支給期間終了後、同じ病気やケガで引き続き勤務することができない場合は「傷病手当金附加金」が支給されます。 

 

公務員の休職中の給料事情

まずは、うつ病で休職してしまっている間、給料はどうなるかといいますと、まず最初の90日間は療養休暇扱いとなりまして、この間は100%給料が支給されます。次の2年間は80%の給料が支給されます。そして、次の1年間は傷病手当金が支給されます。 これで休職期間が3年になりますので、退職という形になります。(在職期間中は給料と傷病手当金を比べた際に額が大きい方のみ支給となります。)

  

注意!雇用保険に入っていない、失業手当はでません!

 退職すると、民間企業では雇用保険に加入していたので、失業手当が支給されますが、公務員は雇用保険には加入していないため、失業手当がでないので、退職日の翌日から無給状態となります。この点、要注意です。まあ、退職手当がそれなりにでますので、それが失業手当の代わりとも言えるでしょう。

 

傷病手当金の支給額はどのくらいなの?

 1日につき、傷病手当金の支給開始日の属する月以前の直近した継続した12ヶ月の各月の標準報酬の月額の平均額の1/22の額(10円未満四捨五入)の2/3の額(円位未満四捨五入)が支給されます。

だいたいの目安として、もらっていた給料の2/3支給されると思っていればOKです。

ちなみに私の場合、月給約24万円で支給額は約16万5千円でした。

 

支給期間は?

 傷病手当金は、病気やケガによる療養のため勤務することができなくなった日から起算して4日目から1年6か月間支給されます。なお、結核性の病気の場合は、3年間支給されれます。

なお、出勤した期間は支給期間に算入されません。したがって出勤した日数分だけ支給期間を延長されます。

 

在職中に傷病手当を受給していなくて、退職後に申請すれば給付されるのか

給付されます。 

1年以上組合員だった者が、退職したときに傷病手当金を受給している時は、退職後も引き続き傷病手当金が支給されます。この場合の「傷病手当金を受給しているとき」とは、傷病手当金の受給要件は満たしているが、報酬の方が高いため傷病手当金が支給されていない場合を含みます

 

傷病手当金受給中に気をつけることは?

 退職後の傷病手当金等を受給している際に、就労可能となった(再就職した、パート・アルバイト・自営業等で労働を始めた場合)または傷病手当金受給の原因となった傷病等が治癒したとの医師の診断があった場合は、その後の傷病手当金は支給されません。なお、退職後は、傷病手当金附加金は支給されません。

 

退職後、数ヶ月経過しているが請求できるか

できます。

私の場合、半年以上遡って請求しましたが、支給されました。

 

任意継続を辞め、国保にしているが請求できるか

できます。 

 

まとめてある程度まとめて請求できるか

できません。月ごとに請求するよう決められています。

 

支給日までにどのくらいかかるか

私の場合、一ヶ月程度で支給されました。

 

障害共済年金をもらっている場合はどうなる?

傷病手当金は、同一の傷病で障害共済年金または障害厚生年金の支給を受けることができるときは支給されません。ただし、障害共済年金または障害厚生年金の額(障害等級が1級または2級の場合には、国民年金の障害基礎年金も支給されるので、その合算額)が受けることができる傷病手当金の額より少ない場合には、差額が支給されます。

 

どこに申請すればいいの?

申請先は初回と2回目以降で異なります。

初回は少し面倒ですが、旧所属を経由し、共済組合へ提出します。初回のみ、旧所属の所属長の証明が必要だからです。旧所属の庶務担当に申請様式を送付してください。

2回目以降は、直接組合へ提出すればOKです。

 

退職前に職場としっかりと調整しておきましょう。

・これは大変重要なことですが、傷病手当金について、退職前にしっかりと旧職場の庶務担当と調整をしておいてください。その際に、必ず様式をもらっておくようにしましょう。調整しておけば、申請の際に大変スムーズにことが進みます。一応、自分が本当に傷病手当金の給付対象なのかの確認も含めての意味合いあります。

・また、申請様式には就労不能状態を確認するために医師の証明欄がありますので、医師との調整も必要となります。

 

 最後に

 仕事のせいで退職に追い込まれたんです。

なりたくて病気になったわけではありませんし、辞めたくて辞めたわけではありません。

その温床となった職場、組織からもらえるものはきちんとがっつりともらいましょう。

私は勝手に傷病手当金は慰謝料だと思っていますので、きちんとしたふんだくりましょう。(笑) 正当な制度、権利ですので。

私の場合は、退職が決まった後に、職場側から傷病手当金については特に何も言われませんでした。 

自分で調べて初めて傷病手当金が支給される可能性があることを知りました。

相手側に任せきりにせず、自分自身で常にアンテナを張って情報収集にあたりたいものです。

せっかく傷病手当金を受給できるので、退職後当面の間は生活に困ることはありません。

焦らずゆっくりと今後の人生の成り行きについて、方向性を導き出していけばいいのかなと思います。


スポンサーリンク